エアサイクルの家づくり

大府の大工 早川建築の想い

資金計画の相談承ります。

「一生に一度!」の家づくり/家は一生もの。本気でこだわりませんか?

土壁のある家づくり/梅雨時や、冬場の結露防止!室内のジメジメを解消!

エアサイクルの家づくり/自然の力を上手に使って快適環境!

女性スタッフ紹介/女性視点のインテリアもご提案致します。

施工事例

お客様の声 Customer’s Voice/早川さん!ありがとう!

早川建築 代表ブログ

株式会社早川建築

〒474-0061
愛知家大府市共和町3-18-1
tel.0562-47-7787

>>会社概要
>>アクセスマップ


エアサイクルの家

JIO

住宅あんしん保証

HOME > エアサイクルの家づくり

エアサイクルの家づくり

自然の力を上手に使って快適環境!エアサイクルの家づくり

「エアサイクルの家」とは、自然の力を活用して年中快適に過ごせる家のこと。

夏涼しくて、冬暖かい――このような夢の住環境を現実にできるのが「エアサイクル」。そもそもエアサイクルとは何かというと、自然(太陽と風)の力を利用して、室内温度・湿度を一年中快適にキープする仕組みのことになります。

先人たちから受け継いできた自然の力をいかす知恵、日進月歩で進化を続ける建築業界の先端技術、これらを巧みに組み合わせることではじめてエアサイクルという奇跡は実現します。

外張り断熱×空気を動かす仕組み

エアサイクルの効果には目を見張るものがありますが、そのカラクリはというと基本的に至ってシンプル。平たくいうと、家に外張り断熱と空気を動かす仕組みを施すだけになります。

家の外部に断熱材を張ることで熱の室内への侵入をシャットアウトします。これにより、夏は強い日射しによる暑さを防ぎ、冬には床からの底冷えをガードします。

また、エアサイクルによる調温&空気流動に加えて、超質効果に優れた土壁をつけることで家の中の心地良さは倍増します。

これに伴い、エアコンやストーブなどによるエネルギーの消費量は減り、省エネ効果をもたらしてくるといったメリットも。

お手軽簡単メンテナンス

エアサイクルの家には定期的なメンテナンスが必要です。といっても、非常に簡単な維持・管理方法なのでご安心ください。

必要となるメンテナンスは、春に換気口を開いて秋にそれを閉じる、以上になります。たったそれだけのメンテナンスで、一年中、家の中を気持ちの良い環境に保つことができるのです。

換気口を開けたり閉めたりする理由は、季節ごとの気温の変化に付随します。

春~夏

気温が高くなる春から夏にかけては、家の中にこもりがちな熱気を小屋裏の換気口から外部へと放出します。また、床下換気口から取り込んだ風が床下空間の涼気とともに上昇し、壁内部の温度上昇を軽減します。

秋~冬

低気温の秋から冬にかけては、換気口を閉じて冷たい外気の侵入を遮断することで、断熱気密化された空間をつくります。断熱化された空間の中で太陽熱や生活エネルギーによって動く空気の流れの中により建物全体を暖かい空気で包みます。

大工としての理想形

私たち大工がいつも考えていることは、夏も冬も暮らしやすい家、住む人が健康でいられる家、そして、長く住み続けたいと想う心から、次の世代へと受け継がれていく家のこと。
そんな理想の住まいを叶えるため、早川建築では、「エアサイクル工法」を皆様にご提案しております。

それは設備や機械に頼らず、太陽や風といった自然のエネルギーを活用し、昔ながらの知恵と最新の技術をミックスした“自然体”の工法です。
年中通して快適であり、建築コストやランニングコストまで含めたライフサイクルコストを低減した、価値ある住宅を皆様にお届けしたいと考えております。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP